カードローンの返済の端数について

カードローンの返済の端数について

カードローンを利用している人が持つであろう疑問の中に返済の際に発生している金額の端数はどのような扱いになっているのかというものがあるでしょう。

 

例えば月々19250円の返済をしているとします。銀行口座からの返済をしていると口座から端数を含めた金額が引き落とされますから問題ありません。しかしコンビニのATMを利用していると問題が生じます。

 

ATMによっては紙幣しか受け付けていないものがあるからです。19000円は紙幣で支払えますが、250円はそうできません。その場合どうしたらよいのでしょうか。

 

ひとつの方法は硬貨を使用することのできるATMを探すということです。金融機関が提携しているATMは日本全国に数十万台あります。ですから少し探せば硬貨を使用できるATMが見つかるでしょう。

 

さらに直営のATMであると端数を計算してお釣りを出してくれるものもあるようです。

 

もうひとつの方法は返済額が1000円以下になった最終返済の時にだけ窓口で返済するか銀行振込を利用することによって端数を返済することができます。

 

どのような返済方法であっても銀行口座にお金がなくなって返済が滞るということがないように注意しましょう。

 

信用情報に掲載されるとその後の借入れができなくなる恐れがあるからです。端数の返済方法についてはいろいろな方法がありますが、金融機関などによって対応が異なりますから疑問に思ったら窓口などで問合わせてみることができるでしょう。

 

返済をきちんと行えるように注意を払いたいものです。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)