カードローンの相続

カードローンの相続

残念ながら誰かが亡くなった時には相続の問題が発生するものです。特に多くの財産を持っているときは問題が発生しやすいのですが、逆に負の遺産を持っている場合も同様です。例えば故人がカードローンを利用していて債務が残っている場合です。この場合相続はどのように進むのでしょうか。

 

まず覚えておくべき点は、基本的にカードローンなどの負の遺産も相続しなければならないという事です。夫が債務を残して亡くなった場合、配偶者が半分、子供が残りの半分の頭割りの債務を負うことになります。

 

ただし、誰かが連帯保証人になっているなら話は別です。連帯保証人は債務者が支払い不能になった場合に返済の義務を負うことになります。債務者が死亡してしまったならこの支払い不能に該当しますから、相続より前に支払いの義務が生じます。

 

一方で相続しなければならなくなったとしても、カードローンの支払いを回避する方法もあります。それが相続放棄です。

 

相続放棄を家庭裁判所に申し立てて受理されると、その人は最初から相続人ではなかったことになり、カードローンの相続はなされません。つまり相続人全員が相続放棄すれば、カードローンの返済はなされないことになります。

 

しかし相続放棄すると他の遺産を相続することもできなくなります。相続放棄の際にはわからなかった遺産が後から見つかってもその相続の権利はありません。相続するにしても相続放棄するにしても、十分な考慮が必要になります。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)