便利なカードローンのリボ払い

便利なカードローンのリボ払い

最近ではクレジットカードを使ってカードローンを利用すると、リボ払いにするよう勧められることが多くなりました。よく聞く言葉になったリボ払いですが、実際にはどのような意味なのでしょうか。

 

リボ払いとはリボルビング払いの略です。リボ払いは、債務残高に関わりなく一定の金額を毎月返済していくという方法です。返済金額が一定であることと返済回数の限界がないことも特徴の一つです。

 

このリボ払いは細かく分類することができ、消費者金融などが用いている方法がミニマムペイメントというものです。

 

例えば10万円の借り入れを行った場合月々の返済額が5千円とされ、借り入れが10万円増えるごとに返済額も5千円上乗せされるというものです。さらに好きな時に臨時返済をすることもできるため、便利な返済方法と言えます。

 

その他にも定率リボルビング方式や残高スライド元利定額リボルビング方式があります。この残高スライド元利定額リボルビング方式も残高が一定の範囲で区切られその残高によって月々の返済額が変化するという方式です。

 

先ほどの例で言えば1万円借入れても10万円借入れても月々の返済額は5千円となります。さらに5万円借入れて15万円になると月々1万円返済しなければなりません。