カードローンの代位弁済

カードローンの代位弁済

近年カードローンを利用している方は大勢います。現金を持ち歩かなくても良いので大変便利であることがその利点でもあります。しかしその一方でよく理解しておかなければならない事柄も多くあります。その一つが代位弁済というものです。

 

代位弁済とは第三者や共同債務者の一人などが債権者に対して債務の弁済をすることをいいます。特にカードローンを銀行系のカードなどで組んでいた場合には、銀行が代位弁済をすることがあります。

 

引落し口座の残高が足りない状態が何ヶ月か続くと銀行側が代位弁済を行い、銀行口座が強制解除されることもあります。たいていの場合、しばらく口座を利用せずに放っておくと口座の残高が不足してしまうということが起こるようです。そうなってしまうと銀行が代位弁済をしていますから返済は銀行にすることになります。

 

しかしただ債権者が代わるだけではありません。クレジットカード自体が強制退会処分を受けて更新が不可能になってしまう可能性が大きいですし、最悪の場合代位弁済を行った銀行が事故情報として信用情報に掲載していた場合には他のローンを組むことも難しくなってしまいます。

 

代位弁済自体は債権者が代わるという簡単な事柄なのですが、その影響は他のいろいろな場所に及ぶことになります。ですからカードローンを利用する際には細心の注意を払って口座の残高をきちんと確認し、代位弁済ということにならないように気をつける必要があるのです。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)